デリケートゾーンの男受けする形って?人気のデザインを一挙公開!

男受けするアンダーヘアのデザイン

 

脱毛サロンでのデリケートゾーン処理は恥ずかしいとの声も多いですが、デリケートゾーンの陰毛の形がいびつだと、彼氏との行為の際にとんでもなく恥ずかしい思いをしてしまうことになります。

 

サロンはそれこそ毎日何百人と数えきれないほどの女性の陰毛の脱毛処理をしてきたプロが施術をします。施術を受ける側の羞恥心を把握しているのはもちろん、極力恥ずかしい思いをしない為の対策もしっかり準備して脱毛に臨んでいます。カウンセリングでしっかりと自分の要望を伝えておけば、短時間でスピーディにこちらの希望するデリケートゾーンの形を叶えてくれるのが脱毛サロンなのです。

 

女性のアンダーヘア(陰毛)の処理って男性はどう思ってるの?

 

男は女性のアンダーヘアをどう思ってる?

 

一昔前までは、アンダーヘアを処理している女性は遊んでいる、尻軽、などと思われる傾向にありましたが、ここ最近では、陰毛処理をしていない女性はがさつ、不潔で衛生的に抵抗があるなどといった意見も多くの男性から出ています。実際ミュゼプラチナムのインターネット調査においても、男性の2人中1人が、女性のアンダーヘアのお手入れを希望しています。

 

現状は、実際アンダーヘアのお手入れをしている女性の割合は87.5%、男性のアンダーヘアお手入れ率も18.7%と2割弱の男性が、アンダーヘアの形に気をつかってるようです。ここ近年、男性のエステ通いも特集されるなど、男性の美意識は女性並みに高まっている傾向にあるようです。男性の美意識が高まれば、必然的に女性に求めるレベルも高まってくることは予想ができます。

 

中にはパイパン(全剃り)じゃないと嫌、パイパンの方が性的に興奮するという男性も多く、今やデリケートゾーンの脱毛をしている女性の方がモテる傾向に移行してきています。多くの女性が彼氏のためにパイパンにしているケースも多く、女性側から見ても、生理が楽だし、間違いなく衛生面でも清潔であることは言うまでもありません。

 

アメリカなどの欧米では、若い女性のほとんどが、ハイジニーナ脱毛(無毛)や、綺麗な形に切りそろえている女性が圧倒的に多く、未処理のモサモサヘアでは男性と良好な関係を築くのも難しいようです。今やアンダーヘアの処理は常識、と言っても過言ではないでしょう。

 

アンダーヘアの人気のデザインは男性の性的趣向に左右されていた!?

 

日本の脱毛サロンでもアンダーヘア脱毛は人気のコースの一つです。好みのアンダーヘアの形は人それぞれですが、人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」が実際に男女600人にインターネット調査を行ったところ、面白い結果が出ました。

 

全国の男女600人に女性のアンダーヘアはどのような形が理想かアンケートを取ると、男女共に一番人気のアンダーヘアの形は「逆三角形(トライアングル)」との結果が出ました。
割合比率は、男性が29.3%、女性が49.7%と、女性の方がおよそ1.7倍も「逆三角形(トライアングル)」のデザインを好む傾向にあるようです。

 

一方人気のハイジニーナ脱毛(無毛)は、男性が24.0%と人気が高く、女性の10.7%の、2.3倍も高いことがわかりました。20代〜50代の男性は、2割近くが「自分はロリコン」だと自覚しているデータもあり、20代男性の57%がロリコンであることを認識しています。

 

男女に人気のデリケートゾーンのヘアの形

 

確かに小学生、中学生、高校生と成長を遂げてきてはいますが、精神的に成長していない男性も多く、いつまで経っても若い女性が好き、という男性は後を絶ちません。

 

個人的には、男性が貧乳パイパン好きというのは何となく理解できますが、逆に巨乳でパイパンが好きな男性も実際に多く、この辺りは好みが大きく分かれる傾向にあるようです。大人と子供のアンバランスさが興奮するとかしないとか・・・。男性の好みはちょっと理解できませんね。

 

ちなみに、20代男性の57%のロリコンに「自分がロリコンであること」をどう思っているのか聞いたところ、そのほとんどから「ほっといてください」との回答が得られたとか。

 

とまぁ、女性は美的感覚、衛生面からハイジニーナ(無毛)を好み、男性は性的趣向からハイジニーナを好む背景があるわけですが、実際女性に比べ2倍以上も男性がハイジニーナのツルツルを好むのであれば、脱毛しておくに越したことはありませんよね。
(※全国の20〜39歳の男女600人「比率=男300:女300」を対象にミュゼプラチナムが調査)

 

アンダーヘアの形は実際どんな種類のデザイン(形)があるの?

 

自分で剃るとなると範囲も広いし、自己処理を繰り返すと肌荒れもするため、見栄え的な面でもプロに脱毛してもらうのがオススメです。では、脱毛サロンで実際に施術されている、アンダーヘアの形はどんな種類のデザインがあるのでしょうか。

 

実際サロンに行くと、エステティシャンから「どう残すのか」聞かれますが、ハイジーナ(パイパン)を希望する人以外は、この「陰毛をどう残すのか」事前に決めておく必要があります。
この辺りはなかなか恥ずかしい部分でもあり、周りの友達や親友ですらなかなか聞きづらいものがあります。

 

ここでは実際にサロンで希望する人が多い、人気のアンダーヘアのデザインを紹介します。

 

逆三角形(トライアングル)

 

まずは先ほどお話した、男性女性共に一番人気の逆三角形(トライアングル)から見ていきましょう。
逆三角形が一番人気になるには理由があります。

 

下着や水着からムダ毛がはみ出さないように、アンダーヘアの逆三角形の上側と、ビキニラインから内側の数センチを脱毛処理することで、夏でもストレスのない見栄えもいい逆三角形が完成します。

 

一般的に綺麗な逆三角形から、トライアングルと呼ばれますが、ビキニラインから内側に向かってさらに数センチ脱毛すると、さらに小さな三角形になるため、トライアングルミニなどと呼ばれたりもします。

 

脱毛後も生え方が自然でナチュラルなので、彼氏などからも「脱毛したの?」と意識させることなく、綺麗に整ったアンダーヘアを手に入れることができるため、多くの女性から幅広い支持を得ているデザインの一つです。

 

アンダーヘアの形を逆三角形にしようと、自宅で一人でやって失敗してしまう人も多いですが、一度失敗すると元の毛の長さに戻るまで、長期間に渡る不快感が続くため、あまりおすすめできません。

 

逆三角形(トライアングル)はプロに任せた方がいい理由1

 

経験がある方も多いと思いますが、アンダーヘアを自己処理によって短くカットすると、水着や下着をはいた時に短い毛がツンツンと生地から出てしまったり、チクチクによって耐え難い痒みに襲われてしまうデメリットがあります。

 

この辺りの素人による陰毛処理のデメリットを、脱毛サロンのプロが施術すると、脱毛後の不快感から完全に解放されます。

 

逆三角形(トライアングル)はプロに任せた方がいい理由2

 

自己処理の中でもアンダーヘアは難易度の高い部位に位置しています。毛の量をどれくらい残すのか素人では調節が難しく、どんな形に整えたら綺麗に見えるのか、事前に明確なイメージや技術がなければ見栄えのいい逆三角形を作ることができません。

 

また、他にも色んなタイプのアンダーヘアを選べるため、自分の好みに合った形を選びましょう。

 

アンダーヘアの形の種類(タイプ別)

 

プロが施術を行う脱毛サロンであれば、脱毛範囲や回数、毛量も自由に決められるため、全てお任せで自分が思い描くアンダーヘアの形を実現することができます。

 

デリケートゾーンのデザイン脱毛にオススメの脱毛サロン

デリケートゾーンの脱毛におすすめの人気脱毛サロン

 

Vラインだけ脱毛したいなら断然ミュゼがお得

 

なるべく安い料金でアンダーヘア脱毛を体験してみたい!という人は、ミュゼプラチナムが全身の部位から自由に3カ所を選んで580円で脱毛し放題のキャンペーンを実施しているため、格安でVライン脱毛通い放題が可能です。

 

ミュゼのキャンペーンはこちら⇒


 

デリケートゾーン+全身脱毛をコスパ重視でやりたいならキレイモ

 

デリケートゾーン(VIO)を含む、全身脱毛を一気にやってしまいたいなら、キレイモが断然お得です。ちなみに顔脱毛もセットになっています。過去に脇脱毛が完了している人は、その旨をスタッフに伝えれば割引になります。

 

キレイモの詳細はこちら⇒


 

Vライン脱毛も格安のジェイエステ

 

ジェイエステでは、美肌脱毛300円のキャンペーンを実施しています。(2017年7月現在)
両ワキ「12回完了コース」(5年間無料アフターケア付)+全身18部位から1部位を2回施術してもらえます。
※「Vライン」を選択した場合完了コースとなります。

 

ジェイエステは、両ワキ脱毛12回、Vライン脱毛12回が完了した時点で脱毛効果に満足されない場合、5年間無料保証が付いているため、納得いくまで通い続けることが可能です。
また、現在デリケートゾーン全体の格安キャンペーン「デリケート5プラン」を行っており、デリケートゾーンの5カ所をまとめて2回、5,000円で施術することが可能です。
※キャンペーンは時期ごとに変動するため必ず公式HPで確認してください

 

ジェイエステのキャンペーン詳細はこちら⇒